読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己愛性人格障害からの逃げ方 3(被害者として)

自分が被害者であると認識する事から始めないといけないんですが、これ実はターゲットにされるような人にとって凄くハードルが高いかもしれせん。誰かに失望されたくないし、自分に失望したくないって考えてどうにかごまかしてしまいます。普通の相手なら回数は少ないからこれでどうにかなりますが、自己愛性人格障害相手だと日常茶飯事です。あっという間にキャパを越えます。

もう感情移入し、共感するのがいい人であるという考えを捨てましょう。道徳教育で出てくる人物に対して、かわいそうであるとか、手を差し伸べたいだとかをどれだけ上手く表現できるかの訓練をした事よって沼に嵌り易くなっています。これは教師の自己満足であったり、見方を変えれば処世術です。「別に」でいいんです。気楽にgo

 

「好き」の対極にあるものは「無関心」とよくいいますが、「嫌い」の感情は方向性が違うだけで動力源は一緒です。「嫌い」の感情は恋と一緒です。相手に対する感情で頭がいっぱいになってますから。

それをすぐになくすのは至難の業です。相手を遠ざけるのに段階を踏むのが必要ですが、こちらも段階を踏む事が必要です。

 

過去を掘り下げて思い出し、人や自分を憎んだり、諦めたり、許したり「自分の心の穴と向き合う」事をせずに人と関わると「埋めたい部分」がわからないから、焦燥感や孤独、後悔がいつまで経っても残るし、「触られると痛い部分」が解らないからわざわざ触ってきそうな人にも関わりに行ってしまいます。

 

自分の感情をなかった事にするのは一番ダメです。

 

まずはスクリーンショットなどの状況証拠を残し、全く無関係の信頼できる人間に客観的な意見を仰ぎましょう。自分自身が感じた嫌なものや、やられた事実に対してそうでなかったかもしれない、そうでなかったならいいのにという感情を怒りに変換して下さい。

 

(ただし、この行動は近くの人間は避けてください。あなたに対して好意的である浮遊層は学習性無気力症と言って、嫌な事はわかっていても現状を受け入れており、騒いでいる人間を疎ましく思う傾向があります。ぶちまけるにしても愚痴は確認程度にしておいて下さい。)

 

そしてこれを相手に向けずに、自分を守るという動力源にします。負けなければ勝ちです。攻撃をしたら負けです。争いは同じレベルのものでしか発生し得ません。相手を潰すのは善意や、キラメキです。幸せに対して明確に基準を持ち、充実した生活を送って下さい。あちらを意識せず普通の生活をすればするほど相手は衰弱していきます。

 

20を過ぎていれば厄介な人間に対して注意をする人間はほぼいません。いたとしても払い除けます。だからこそ20歳を越えても改善されません。側にいるのは浅い付き合いの人間か、惰性で付き合ってしまっている人間です。時間が経つにつれ周りは淘汰され、貴方に強く依存していくはずです。自己愛性人格障害は、取り巻きに対して空疎なものを感じ、ふとした瞬間に深い関係がない事に強い不安を感じ、周期に差はあるもののターゲットに強く依存し、側にいる事を確認しようとします。

 

相手にしない事を長く続けていると、相手の独り言が自他に関して、説明口調でひたすら合理化するものが増えていきます。話してもいないのに勝手にこちらが忙しいと決めつけてきたりします。そしてそれを人目に触れさせたり、人に話しかける時の第一声にしたりして、自尊心を保ちます。

 

これは否定も肯定もしてはいけません。否定をすれば接触する口実に、肯定をすれば相手を元気付け、せっかく離した心の距離を近づける事になります。独り言はなるべく触れずに放置します。孤独感の段階が進むと、直接絡まれますが、こちらに関する勝手なこじつけはスルーしながら、興味がないからなど、話題が広がりにくく、嘘にはならない言葉でかわすと効果があります。

 

相手はとにかく喋りたくて声をかけて来るときに「~って~した?」ではなく、突然「~って~だと思う」など感想を先にぶつけて来る場合があります。聞いてもないのに(笑)

「興味がないです。ありがとう」などかわしつつ、相手の自尊心を傷付けないように立ち回りましょう。相手が次に出す言葉は、自分が話題に興味を持たなかった話題を振ってしまった事を正当化する為に「まあ~だけどね」など捨て台詞的に話題のものをdisったりします。ならばなぜ話題に出した()

 

この微妙な距離を続けていくと、いつの間にか立場が逆転しています。ご機嫌取りをされると思いますが、上手に流してください。

 

ここまで来てようやく相手にダメージが入るようになります。直接攻撃は不可ですから、見ようと思えば見える位置の会話(自己愛と直接関係のない友人とのtwitterのリプライなど)でSNSは皆ではしゃいだり、余韻を楽しんでる旨の会話を。さらにダメージを与えたいならLINE、facebookのグループメッセージなど見えない所ではしゃいでいる事を会話に出すといいです。距離をとっているので詮索に躍起なので、見せる事は容易です。しかし、自己愛は絡めない為かなり効果的です。独り言がさらに増えます。

 

facebookであれば、普通にはしゃぐ投稿を自己愛にだけ公開せず、一か月後くらいにこっそりみえるようにしたりとかすればさらに静かになります。もう人となりで自己愛ははりあってもいいねやコメントが付かないので、かなり沈んでいきます。ここで動物の写真に手を出したり見苦しい行動に出たりしますね。

 

かなり性格悪い事書いてますが、ここまでやるような覚悟がなければ、ダメージなんか入りません。

やってて疲れましたがスカッとしました。お読みいただきありがとうございました。

過去の記事はこちら↓

 

 

 

tranquilmind.hatenablog.com

 

tranquilmind.hatenablog.com

tranquilmind.hatenablog.com

tranquilmind.hatenablog.com